トランプゲームにおける代表的なブラックジャックトランプ

トランプを使用して興じるゲームは多岐にわたりますが、中でも世界的に大人から子供まで親しまれている上に、カジノにおいてはカードゲームおける代名詞的な存在になっているのがブラックジャックトランプです。
ブラックジャックトランプの名称で親しまれている事例と共に21の名称で親しまれている事例もある様子からもわかるように、使用するカードに記されている数字が合わせて21以上にならないようにするゲームです。
シンプルなルールであるが故に、世界的に大人から子供まで幅広く支持されていて興じられている所以なのですが、カジノにおいてはディーラーとの間にて駆け引きを楽しむ事もできるため、個々が戦略を練って理想的な形でゲームを進める魅力も有しています。
そのようなブラックジャックトランプを行う時に使用するカードは、紙製であるのに加えてポーカーサイズであるのも特徴的ですし、カジノにおいてはシャッフルをする際に自動化が実現できる専用マシンを使用するしている事例もあります。
ゲームを終える事を意味したり見えないようにするカードをカットカードと呼び、用いたカードを収納するディスカードホルダーという箱もあります。
ブラックジャックトランプは2枚のカードにある数字を足して21に近い方が勝者になって配当が手に入れられるのですが、21を超えた場合には超えた時点で負けです。
また、カードを数える時の数え方も特徴的で、2から9までは記されている数字のままであるのに対して10から13までは総じて10点と呼びます。